青汁って効果あるの?

青汁って効果あるの?トップページ ケールの青汁

ケールの青汁について

青汁も原材料によって数種類に分かれています。
まず、ケールを主原料としているケール青汁についてご紹介していきましょう。
ケールというのが、そもそもどのようなものなのかと言うとキャベツやブロッコリーの原種になっているアブラナ科の植物です。
ヨーロッパ南部の地中海地方が原産地となっていますが、日本でも九州や愛知、長野などでの栽培がされる様になりました。
ケールの効果としては生活習慣病を予防してくれたり、血糖値の上昇を抑えること、アレルギーを改善したり、ビタミンやミネラル類を補って摂取することが出来ると言うことがありますね。
ただし、ケール青汁と言ってもケール100%と言うことではありません。
その他の野菜なども含まれていますので、一昔前に言われたように美味しくないとか飲みにくいデメリットが緩和されるようになりました。
またケールのメリットとしてβカロテンやビタミンC、食物繊維、鉄、葉酸などの有効成分が多く含まれています。
特徴的な成分としてグルコシノレートがありますが、これは癌の予防効果を発揮するスルフォラファンを形成するのに欠かせませんのでケール青汁にも人気のあるところなのでしょう。
副作用として特に上げられるものはないのですが、飲み合わせとして注意した方が良いところはあります。
ワーファリンを初めとして血液の凝固、つまり血液が固まるのを抑える薬を服用している人の場合には、ビタミンKが曽於呼応かを妨げますのでケール青汁を使用するのも医師に相談した方が良いでしょう。
安全性としては高いものと認識されていますので、その他の弊害のようなものはありませんが、個別の状態によって使用して良いのかどうか確認をしていった方が良いですね。

メニュー